ヘルプページから検索
(商品名や商品コードを検索しないでください)

3 . ワイヤー&コード

弾性ワイヤー - 可塑性があり、調節可能です。ただ輪結びか接着剤で留めつけますので、ブレスレットやネックレスなどの制作によく使用されます。


メモリーワイヤー - 形状記憶合金を使ったコイル状のワイヤーです。ブレスレットなどの輪の形状を保つので、よく使われています。鋭いカッターを使用しないでください。


鋼線 - 使用中針も要らないで、ビーズを通すにはよく使われています。ナイロンコーティングを施して、多連の素線があります。


銅線 - 柔らかくて曲がりやすく、ビーズを通すのに使用されます。ワイヤーアートやジュエリーデザイン、クラフトデザインなどの造形作品の制作に最適です。


コットンワックスコード - とっても丈夫で、耐磨耗性があります。編んで使ってもよし、縫って使っても良し。Pandahallでは作るものによって色や太さをお選べます。


革紐 - エンドパーツを複雑に処理しなくてもいいです。それでとても人気があります。ただペンダントトップかパーツを通して、結びします。それだけでいいです。


シルクワイヤー/コード - 淡水パールような穴の小さいビーズ(穴が5mm以下のもの)には使えます。3-コードノッタで編んで、パールの側に置いて、それだけできれいです。コードの色数も豊富です。


ナイロンワイヤー/コード - 全てのビーズに使用されています。コードの表面に蝋を引いたほうがいいです。ロウ引き加工よりコードの耐磨耗性も滑りもよくなっています。そうして鋭いメタルビーズを通す際にコードを巻かれることを避けられます。コードの色数も豊富です。シードビーズやビーズ編みなどのビーズワークにピッタリです。

糸の色がビーズに影響してしまうため、なるべく濃い色のビーズに薄い色の糸を選んだほうがいいです。そうしないと、薄い色のビーズが自体より暗く見えます。例えば、白色の糸を使う場合、ガーネットビーズに光沢を添えます。 1つの作品で何色もビーズを使う場合、ビーズに合わせて糸も変えなければならないのが面倒臭そうで、ビーズを使う作品を手掛けるのを敬遠していました。濃い色例えば


オーガンジー/シルクリボン - 多彩なカラーと硬い手触りが特徴の定番リボンです。特にリボンアクセサリーやギフトラッピング用途などでご利用いただいていております。


スウェード紐 - 軟質材料の一種であり、ネックレス用のコードとしてよく使われています。スウェード紐よりフェイクスエード革紐は耐磨耗性が高くて、価格も低いです。

前へ: 色見本 次へ: 真珠

確認

ご注意ください

OK
国/地域: