• 0
  • 0
  •  
  • 0
  • 0
  •  
  • 0
  • 0
  •  
  • 0
  • 0
>>

詳細検索

  • カテゴリ:
  • ジャンル:
  • 準備期間:
    3 日~
  • 並び替え:
    ベストマッチ
    新着順
    価格順
  • 選択した条件をクリア

0

サインイン

ヘルプセンター
お問い合わせ

ご質問・ご相談など
お気軽にどうぞ

ヘルプページから検索
(商品名や商品コードを検索しないでください)

6 . シードビーズ

ガラスビーズは非常に大きいのから非常に小さいのまで、様々なサイズで利用できます。針と糸で複雑な構造を作るために使用された小さいガラスビーズは「シードビーズ」と呼ばれています。ただし、すべての小さいビーズはシードビーズとは限りません。シードビーズは過去に作られた主なビード形状でした。そしてすべての小さなビーズはシードビーズとして標識されました。シードビーズは、通常に上部と下部に少しつぶれてきたラウンドビーズの外観を持っていいます。カットビーズはシードビーズとおおよその同じサイズです。ただし、両端はもっと管状の外観で作成しています。ほかの六角形、楕円形、正方形と他の形状などの小さなビーズもあります。もっと多様性の形のビーズは今市場の市場でのビーズの人気の高まりによるものです。

大きいビーズは小さいビーズサイズ番号で、小さいビーズは大きいビーズサイズ番号です。たとえば、次のようにサイズ6/0のビーズはサイズ11/0のビーズに比べて約4倍の大きさで、サイズ8/0のビーズに比べて約2倍の大きさです。
サイズはインチあたりのビーズの数を示すために使用されます。ビーズサイズの公正な近似値を与えます。たとえば、もしお客様が11/0のビーズの穴を上向きにして定規に沿って、1インチに11個から12個のビーズがあります。もし6/0のビーズでしたら、1インチに6個から7個のビーズがあります。そして8/0のビーズは1インチに8個から9個のビーズがあります。過去のビーズでは形状がより不規則でしたが、11/0のビーズを使用した場合に約1インチに11個のビーズがあります。産業革命の原因で、機械化の進歩とともに、ビーズの大量生産とより均一なビード形状が可能になりました。ビーズの大きさの均一性は以前より約インチにビーズが1個多くなりました。
サイズ6/0と8/0はいつも飾りとダングルのイヤリングのエンドに使用されます。そして、主にサイズ11/0またはもっと小さいので構成されているジュエリーにも使用されます。サイズ8/0のビーズはエリアカバレッジを申請するのが早いので、いつもブロードウェイとラスベガスの衣装に使われます。しかし、まだ小さく見えますし、あまりにも重くなりません。8/0のビーズはお守りの財布を作り、そして、11/0のビーズのようにぶら下がると装飾サイズを追加するために素晴らしいものです。6/0のビーズはそのような小さなバッグやジュエリーなどのアイテムを作るために大量に使用されている場合はかなり重くなります。小さな袋が並ぶことが必要となり、追加のスレッドは、強さのための全体の作品を通しています。6/0ビーズは11/0のビーズ付きのブレスレットベースの飾りとして最適です。6/0のビーズは彫刻とジュエリーのための8/0 と11/0のビーズとの組み合わせに適しています。8/0のビーズは眼精疲労なしで繊細なアイテムを作成したがるお客様に対して、非常に人気があります。
これらすべての小さなビーズは仕上げの多くの種類があります。ビーズ仕上げは名前、略語(6ページを参照)の説明と一緒に、以下のとおりです:
 アラバスター‐過去の古いミルクガラスに似て、高密度半透明白色または着色仕上げのようなユニークな仕上げを持っているビーズです。
オーロラ‐またビーズは虹とアイリスとファンシーとして知られています。ビーズは、ビーズ表面上の複数の色で同じ色の強調や様々なハイライトのいくつかの色合いを持っている仕上げを持っています。たとえば; ピンク、ゴールド、ブルーのハイライト持っているのピンクビーズあるいは3つか3つ以上のビーズの色が一緒にあるかもしれません。例;ブラックダイヤモンドビーズは黒、青、ブロンズとブラウン4つの色があるかもしれません。そして、色の一つとして黒ビーズがない可能性もあります。これらのビーズはまた虹と呼ばれています。
 ブラック裏地‐ビーズ穴は黒い裏地とビーズの色に深みを組み合わせています。
真鍮裏地‐ビーズ穴は黄銅の裏地と真鍮トーンでビーズを通しています。
セイロン‐ビーズは時々真珠色の仕上げで真珠のような外観として識別されます。セイロンビーズはビードの外観を変更したり、強化するビーズの穴にカラーラインを持っています。このビーズは真珠で構成されるように見えるビーズ細工に人気があります。
カラー裏地 ‐ビーズの穴の裏地に一つのカラーが付いています。
カラー裏地透明‐ビーズが作られた後、透明なガラスビーズはビーズ穴の内側に色を加えられます。着色透明ビーズは時々裏地があります。 例えば、緑の透明なビーズは穴のところで茶色の裏地があります。またはラベンダーの透明なビーズは中心にロースの裏地があります。 もしお客様が光にカラー裏地ビーズを見るとき、透明なビーズリムとビードの穴内の色が見えます。 ほとんどのカラー裏地ビーズは洗濯するまでに色を綺麗に保ちますが、服のビーズワークとか一度に数時間の明るい日光でカラー裏地のビーズを含むジュエリーを着用している場合は除きます。
銅の裏地‐ビーズ穴は銅の裏地と銅トーンでビーズを通しています。
ダーク‐色相(色)で非常に暗いビーズ。 
ディープ ‐ビーズは、同じ色の"ダーク"ビードと比較して、より詳しく彩度があります。シルバーライニング(SL)ビーズ穴はシルバーカラーの裏地です。透明、水晶とオパールビーズはシルバー裏地の仕上げのものの一部です。 S/ Lビーズは少なくとも200年以上作られます。過去にはクリスタルガラスビーズにシルバーカラーの裏地の代わりに銀箔を使いました。  ゴースト‐ビーズは、銅、銀、真鍮、金または他の金属の裏地が持っています。マット仕上げ付きの虹や銀の裏地のビーズです。これらのビーズは、全体的なビーズに深みをもたらし、マットされています。ゴーストビーズは神秘的に見えます。時々ビーズの一部が隠されると幽霊のような外観に見えます。フォイルビーズはときどきゴーストビーズとして識別されます。ビーズ通常は銅、銀または黄銅の裏地で完全または部分的な虹仕上げが付きます。

六角‐サイズ11/0と8/0六角ビーズは6つ異なる側面を持っています。光が光沢のある反射を作成し、各ビーズの様々な6つの面に当たったので、彼らは派手です。各ビーズの上部と下部は丸いのではなく、フラットです。六角ビーズはシードビーズと同じの技術を多く使用されます。彼らは異なる質感の外観を持っています。 11/0六角ビーズ8/0六角ビーズよりもっと均一です。また六角ビーズは2カットとして知られています。
ライト‐ビードの全体的な外観は、同じカラーシリーズの他のビーズに比べてもっと光飽和です。ビーズは色相(色)で非常に軽いです。
光沢‐ビーズ仕上げは時折晴れやか光沢と柔らかな反射光を持っています。ゴールド光沢ビーズは、光沢仕上げで本物の金を含まれています。息をのむようなを作成すると、他のビーズでは見られない豊かさで終了です。  マット‐エッチ化合物の中に沈めたりまたは転落され、一部のビーズ表面のすべてのトップ層を除去し、スムースを保ちます。マットビーズはそれらに特有の感触を持っています; もしお客様がそれらビーズの束を持ち、一緒にこするとなだめるような縮れた音が聞こえます。ビーズがエッチング化合物に残された時間の長さに応じて、非常に艶消しまたは半艶消し表示されることもあります。ほとんどのマットビーズは光沢のある外観を持っていません。しかし、もしビーズは真鍮、銀、銅で裏地付くと、表面は輝くとなり、外観で綺麗に見えます。つや消しビーズは通常、光沢のある色が裏地マット仕上げのビーズです。あなたが今日使用して光沢のあるビーズの多くは、エッチディップを使ってマットしている同じタイプのビーズです。ビーズがエッチ処理が持っていた後に虹のビーズは、その仕上げを保持する必要があります。
マットレインボー‐これらのビーズは虹色のビーズの上にマット仕上げています。
ミディアム‐ビードの全体的な外観は同じ色の家族の他のビーズに比べてミディアム飽和です。 ビーズの色の彩度から見るとライトとダークの間です。
メタリックレインボー‐メタリックカラーで作られているように見えるビーズ:パープル、ブルー、ブラウンとグリーンです。これらのビーズは永久的な色を持っています。それぞれの色は基本的な色より多くの色が含まれています。たとえば、紫メタリック虹などの基本的な色は、主に紫と青銅のダッシュ、緑、青の金属製のビーズがあります。メタリック虹と呼ばれたすべてのビーズは永久的な色を持っているとは限りません。 不透明な  ‐これらのビーズは透明ではなく、ビーズを見通すことができません。仕上げはフラットと表面への最小限の輝きがあります。不透明なビーズは虹の仕上げを持つことができます。不透明なビーズは他の仕上げと光沢、マットとビーズの隣に良好なコントラストです。
オペークレイン‐ビーズは透明ではなく、表面が虹の外観を持っています。もしお客様が黒の不透明なビーズを持って、それが虹の仕上げをしていた場合、虹は青と緑の虹のハイライト、あるいは紫のハイライトを含めることができます。
レイン‐これらのビーズはオーロラ(AB)と同じ、アイリスとファンシーとして知られています。
ビーズは、ビーズ表面上の複数の色で同じ色の強調や様々なハイライトのいくつかの色合いを持っている仕上げを持っています。例:梅の虹と茶色、バーガンディ、ブラウンとブルー;ピンクのビーズはピンク、金と青のハイライトを持っています。またはそれがダークとライトの両方に複数の色のビーズであり、ピンクに加え、より深い色合いの様々な色合いを持っている可能性もあります。
丸穴‐これらのビーズは中央に丸い穴があります。四角い穴のビーズより光沢のあるものではなく、通常より落ち着いた表面と仕上げに優雅さを持っています。穴は角穴のビーズより少し小さいです。これらのビーズは時々カットビーズの間違いがあります。ラウンドビーズの穴を持っているシルバー裏地、真鍮裏地と銅裏地のビーズ; ビーズの表面を四角い穴のビーズよりもっと光に控えめます。
 角穴‐これらのビーズは中央に四角い穴があり、伝統的に穴がラウンド全体のビーズよりも大きくなっています。これらのビーズは時々カットビーズの間違いがあります。四角いビーズの穴を持っているシルバー裏地、真鍮裏地と銅裏地のビーズがビーズ表面で非常に派手な光沢のあります。
透明な‐光が通過することができますが、透明のようなクリアです。あなたはそれを通してはっきり見ることができるという説明があります。透明なビーズは色の彩度でライト、ダーク、ミディアムあるいはディープができます。


前へ: 天然石

確認

ご注意ください

OK